So-net無料ブログ作成
検索選択

はごろもフーズのシーチキンにゴキブリ!回収の対象でない理由と経緯が酷い

はごろもフーズのツナ缶にゴキブリが混入

していたことが分かりましたね!

食事をしようと思ったら虫がいるのは嫌な

気分になりますが、缶詰を開けたらゴキブリ!

食欲なんて一気に引っ込みますよね・・・

はごろもフーズはゴキブリ混入について

謝罪はしたものの、詳細の公表や自主回収も

対応をしないということ!どういうことでしょうね…



スポンサードリンク







はごろもフーズはゴキブリで回収対象にならず!?



ゴキブリが混入していたのは2014年12月20日に

製造されたシーチキンLフレークになるそうです。

このような事態ですから消費者からは批判の声が

殺到しているということですが、HP上でお詫びを

掲載しましたが文面が明らかに上から目線!

こんな状況では消費者としては怒りは収まらない

ですよね・・・

ゴキブリが混入していた缶が製造されてから

1年10か月経過していることもあり、それ以外に

申し出がないことから、他の商品には混入して

いないと判断して商品の回収はしないということ!

被害者が出ていないからといって回収対応を

しないというのは大手企業としていかがなもの

でしょうね?まだ食べていない商品や売り切って

いないという可能性は十分にあると思いますがね


食品会社にゴキブリ!衛生管理はどうなってるのか!?



食品を扱っている会社でゴキブリが混入という

時点で製造工場の衛生管理はどうなっている

のでしょうね?

HP上には「当該工場に対し、整理整頓、清掃の

徹底に加え、防虫対策、専門業者による消毒の

徹底を指示し、既に実施しております。」という

記載がありましたが、これって普段から細心の

注意を払うのが食品会社の務めであるのでは

ないですかね?異物混入を完全に防ぐという

のは不可能なのはわかっていますが、ゴキブリが

入っていたっていうのは大問題ですよね。


過去に自主回収されたことがあったか?



はごろもフーズは2013年にシーチキンから

アレルギー症状を引き起こす「ヒスタミン」が

社内基準を超えて検出されたため、約672万個を

自主回収したことがありましたね。

「消費者が口の中のかゆみや違和感を訴えたが、

大きな健康被害はない」としている。

今回のゴキブリ混入もそうですけど、この時も

結構な物の言い方していますね…

アレルギー症状を引き起こしてからゴキブリが

混入した缶が製造されるまでわずか1年で

不祥事を起こしているのですから反省していない

と言われてしまうのも仕方ないですよね。



スポンサードリンク







私たち消費者からしてみたら売られている商品は

安全であると信じて購入するしかないわけですが

今回のはごろもフーズのツナ缶のようなゴキブリが

入っていたなんて事態が起こってしまうと食品を

買うのも怖くなってしまいます。問題が起こった

のであれば、可能性がないにしても対象商品は

回収するのが真摯な対応だと思いますがね

回収するのに費用はかかるかと思いますが、

それ以上に信用をなくしてしまいそう…

食品会社にお務めの方にはご注意いただきたいですね。



スポンサードリンク




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。