So-net無料ブログ作成
検索選択

「ショーンシャンクの空に」は予言された実話だった!クリントン刑務所の脱獄事件!

11月24日の「奇跡体験!アンビリーバボー」で

2015年にアメリカクリントン刑務所からの

脱獄事件について紹介されます。

1994年に公開された映画「ショーンシャンクの空に」を

思い起こされる事件としてアメリカ中を

震撼させた事件です!

今回は事件の詳細についてまとめていきます。



スポンサードリンク







「ショーシャンクの空に」の実話!?クリントン刑務所からの脱獄事件!



クリントン刑務所はアメリカのニューヨーク州に

あり、重犯罪者が収監される刑務所で州内で

最も警備が厳重であると知られれており、

170年も脱獄者がいない「鉄壁の要塞」の

異名を持つ刑務所でした。

その刑務所から2人の受刑者が壁を破って脱獄を

図りました。

脱獄をしたのはリチャードマット受刑者と

デービット・スウェット受刑者の2人です。

リチャード受刑者は元上司を誘拐して拷問・殺人の

罪で禁錮25年の刑で服役していました。

デービッド受刑者は保安官代理を銃殺して

仮釈放なしの終身刑で服役していました。




その脱獄を手伝っていた人物が服役中の受刑者に

裁縫を教えていた女性職員のジョイス・ミッチエルです。

男ばかりの刑務所の中で唯一の女性である

ジョイスは癒しの存在であり、デービットと

リチャードはジョイスに恋をし猛烈なアプローチを

して性行為をするまでになったそうです!

ジョイスは既婚者で子持ちの身でありながら

2人の受刑者との禁断の恋に落ちた彼女は

舞い上がり、何のためらいもなく脱獄を手引きを

してしまいました!

脱獄を手引きする際にジョイスは2人に恐ろしい

交換条件を出しました!それは自分の恋を

成就させるために旦那を殺害するように

依頼したのです!勿論、2人はこの条件を

承諾して脱獄を試みました!

監房が隣同士で仲の良かった2人は衣服で

自分達が監房にいるように偽装をしながら

ハンバーガーの冷凍肉に隠された工具

受け取り独房の壁やパイプに穴を空けて、

下水道まで穴を繋げて絶対に脱獄不可能と

言われていた刑務所からの脱獄を成功させました!


脱獄後7日かけて発見に至らず最高で10万ドル、

当時の日本円で1200万円もの懸賞金がつけられました!

2人はラジオで自分達に懸賞金がかけられて

捜索をされていることも知っていたようです。

脱獄した2人を捕まえるために1000人以上の

警官を動員して大規模捜索が行われました。

アメリカを震撼させた脱獄事件は1人は射殺、

1人は拘束されて26日に及ぶ逃走劇に幕を閉じました。

デービットとリチャードを手引きしたことが

バレたことでジョイスには懲役7年、罰金60万が

課せられました。

前代未聞の脱獄事件は刑務所の管理体制が

問題視されるようになったようです。



スポンサードリンク







ショーシャンクの空が実話となったかのように

クリントン刑務所から脱獄をした受刑者の話。

刑務所にいる受刑者と恋に落ちて脱獄計画を

図るなんて誰も考えはしないですよね。

結局、2人の恋は実らずに終わってしまいましたが

アメリカを騒がせたとんでもない事件でしたね。



スポンサードリンク




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。