So-net無料ブログ作成

「この世界の片隅に」映画の上映館数が少ない中「君の名は。」と共通点でヒット!

アニメ映画「この世界の片隅に」が11月12日に

上映開始となり、興行収入5600万円、

観客動員数3万9000人の大ヒットとなって

います。これに伴い原作の漫画や以前放送

されていたドラマも見返そうとする人もいる

みたいですね。今日は「この世界の片隅に」が

ヒットについて少し前に大ヒットして今も上映

されている「君の名は。」と比較しながら

見どころを検証してみたいと思います。



スポンサードリンク







「この世界の片隅に」の映画が驚異のヒット!



「この世界の片隅に」は、漫画アクションに

2007年1月から2009年2月まで掲載されました。

2011年には終戦記念ドラマとして北川景子さんが

主演し、速水もこみちさん、芦田愛菜さんと

いった豪華出演者によりドラマ化されて

います。

今回劇場アニメとして作成されましたが

全国で63館でしか上映されていないにも

関わらず異例の大ヒットを記録しています。

最近のアニメ映画では「君の名は。」が

大ヒットして上映が続いていますね。

「君の名は。」は事前にCMなどもたくさん

流れており、上映館数が300と多いです。

テレビのニュースでも取り上げられて

いましたね!

一方「この世界の片隅に」はといえば

CMなどのメディアではあまり見かけず、

少ない上映館数でありながら驚異の

ヒットを叩きだしています!



「君の名は。」との比較したら共通点があった!



驚異的なヒットをしている「この世界の片隅に」ですが

この映画には「君の名は。」同様にヒットして

当然だろ!って思わされる共通点がありました!


1.監督が脚本を兼務している

この2作品は両方とも監督が脚本を兼務して

います。作品を作るときに監督と脚本はお互いに

第三者の目を通して改変して制作を進めて

いきます。これを同一人物が行うということは

少なからず実力・実績を兼ね備えていなければ

実行することは難しいですよね。


2.劇中歌が4曲あり歌唱と音楽は同一人物が担当

どちらの映画にも共通して挿入歌が多く取り

入れられています。作品の演出として絶妙な

タイミングで入れられる挿入歌は見ている人の

心を動かす重要なポイントです。映画に使われる

歌は作品の世界観を考えられて作成されるので

場面にぴったりと合い、作品そのものを包み

込んでくれますよね♪


3.四宮義俊氏の存在が大きい

2つの作品には日本画をベースに絵画作品、

立体作品、映像などを制作している四宮義俊氏が

関わっています。四宮義俊氏は過去に新海誠監督の

短編『言の葉の庭』のポスターイラストを手掛けて

います。作品中ではその色彩がアニメの場面に

合わせて効果的に使われており、見ている人を

引き込む綺麗な演出がされていました!

映画を見る上で画面を彩る色彩と演出の影響は

大きいですね!



スポンサードリンク







漫画連載が終わり、ドラマになったのが数年前

このタイミングで映画化?とは思っていましたが、

予想以上に力が入って作られた作品でしたね!

上映館が少ないですが、これだけのヒットを

考えたら今後上映館数が増えて見られる機会も

もっと増えるのではないでしょうか!?

「この世界の片隅に」に今後も注目ですね!



スポンサードリンク




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。